脱毛・トータルエステのジェイエステティック

menu

  1. 仕事と結婚、働く女性のライフプラン

仕事と結婚、働く女性のライフプラン

脱毛・ダイエット・スキンケア・メイクなどの美容法・健康法をお届け

その他

2016-02-17

仕事と結婚、働く女性のライフプラン

女性にとって結婚や出産はライフプランを考えるうえで重要な要素といえます。結婚、出産後の働き方や職場の環境、パートナーとの関係性について、結婚、出産を経験した女性と、これから結婚、出産を控える女性の意見を比較しながら、20〜30代の働く女性の結婚と仕事への理想像について考えます。

(調査期間:2016/1/8〜2016/1/15/全国の367名の女性が対象。内訳:未婚142人、既婚225人、子供がいる173人)

続きを見る

結婚後、理想の仕事の関わり方

Q1 未婚の人は結婚後の仕事についてどのように考えていますか?

一昔前まで「寿退社」という言葉がよく使われたように、結婚を機に仕事を辞める女性は珍しくありませんでした。しかし、未婚の人に結婚後の仕事について尋ねると、専業主婦を考えている人はわずか6.3%。ダントツ1位になったのは、「今の雇用形態で仕事を続けたい」という回答で、41.7%を占めました。その他の意見でも、「雇用形態を変えて今の仕事を続けたい」「アルバイトやパートで転職」など、ほとんどの人が結婚しても何らかの形で働いていたいと回答しています。さらに、結婚そのものを考えていないという人も、4~5人に1人と高い割合でいることが分かりました。

Q2 Q1での回答、その理由は?

結婚をしても働き続けたいと思う理由には、「生活水準を下げたくない」(15.6%)、「経済的余裕が欲しい」(14.7%)、「貯蓄したい」(13%)、など収入面の回答が挙がっています。また、「今の仕事が充実しているので続けたい」とする人も15.2%と多くいました。長引く不況の影響か、経済的不安も見え隠れする一方、女性の社会進出が進み、自立心や仕事へのやりがいを感じる女性も増加しているのかもしれません。

では、実際に既婚者は結婚後の働き方についてについてどのように考えているでしょうか。

Q3 結婚してから働き方に対する考えが変わった?

トップになったのは「休みやすい環境で働きたい」(32.3%)、続いて「短い時間で働きたい」(24.2%)、「扶養内で働きたいと考えるようになった」(17.4%)という順となりました。「結婚する前と変わらない」と答えた人は13.7%と少なめ。いざ結婚をしてみると、働き方の考えが変わる人が多いようです。

子どもができたら……。理想の仕事像は

Q4 今後子どもを授かったときに仕事をどうしたいと考えていますか?

さらに子育てがはじまると、仕事と家庭の時間のバランスにより変化が現れてきます。今後子どもを授かったとき仕事をどうしたいかについて質問したところ、「今の雇用形態で仕事を続けたい」と答えた人は23.3%と、結婚後と比べるとまた減少しています。代わりに「アルバイトやパートで転職」という人が20.0%と約2倍に増えています。また、「仕事をやめて専業主婦」を選んだ人は10%にのぼり、結婚後に専業主婦になりたいという回答より若干上回っています。一方、「出産を考えていない」という人も、先述の「結婚は考えていない」と同様に約5人に1人の割合で回答を挙がりました。

Q5 Q4での回答、その理由は?

出産後も仕事を続けたい理由としては、結婚後と同様、経済的な理由が上位を占める結果に。また、経済的な理由以外で仕事を続けたい回答では、「家庭の中だけではない自分の場所・時間が欲しい」という回答が4.1%挙がっており、妻や母としてだけでなく、一人の女性として自己実現を求める姿も見えてきます。

出産後、女性の仕事に対する考え方の変化

Q6 出産してから仕事を続けましたか?

では、実際に出産を経験した人たちはどんな選択をとったのでしょう。

出産後の仕事に関する質問では、何らかの形で仕事を続けたという回答が7割を超えました。一方で、仕事をやめ専業主婦になった人は23.0%。出産前に仕事をやめて専業主婦になりたいとした10.0%と比べると、2倍以上も増えています。

Q7 Q6での回答、その理由は?

仕事を続けた主な理由には経済的なものが上位を占める中「家族の時間を優先させたかったから」「家事との両立が難しいと感じたから」という仕事を辞めた理由が入っています。この中には出産する前は仕事を続けたいと思っていたけれど、子どもが生まれてから気持ちが変化した人もいるかもしれません。

結婚・出産に対する職場の現実

結婚や出産を経ても仕事を続けるという意見が多くみられました。そこで今度は、働く環境に目を向けてみたいと思います。

Q8 育児との両立において職場に求めることは何ですか?(複数回答)

女性社員の出産・子育てについて、職場にどんなことを求めるかを尋ねると、「子どもの病気や行事での休暇・勤務時間の調整がしやすい」が29.6%と最も多く、次いで「職場内の育児との両立への理解」(22.1%)、「雇用形態が柔軟」(13.1%)となりました。仕事と家庭の両立には、周囲の理解やサポートが欠かせません。

Q9 職場でこれはマタニティハラスメントでは? と感じた・目撃したことありますか? その内容はどのようなものでしたか?

最近ではマタニティハラスメントの問題も注目されています。マタハラをめぐっては裁判に発展している事例もあり、社会のなかでも問題意識が高まっています。

職場で実際にマタハラを感じた・目撃したことがあると答えた人は8.5%でした。割合でみると少数に見えますが、コメントには「妊娠を理由に退職させられた人がいた」「陰口を見聞きした」「病院に行かせてもらえなかった」「わざとキツイ仕事ばかりさせられた」という意見が寄せられました。多くの女性が人ごとではなく、自分のこととして深刻に感じているようでした。

家庭と仕事の両立に求めること

家庭と仕事を両立させるには、職場以外にも一緒に生活するパートナーの理解も欠かせません。女性が家庭を持ちながら仕事をしていくうえでパートナーに求めることについての質問には、次のような回答が寄せられています。

Q10 仕事と家庭を両立するうえでパートナーに求めることは何ですか?

一番多かった回答は「育児の協力」で28.7%でした。以降、「子ども・家族への愛情・思いやり」(23.2%)、「私(妻側)の仕事への理解」(20.6%)、「夫婦のコミュニケーション」(17.7%)と続きます。家事・育児の分担といった実務面とあまり変わらない比率で精神的サポートを求める意見が目立ちました。

Q11 結婚前と後でパートナーに対して「思っていたことと違う!」と理想と現実のギャップを感じたことはなんですか?

では、実際の状況はどうなのでしょうか?

「一人暮らしをして、自炊もしていたというのに、家事が全くできなかった」「優しい彼が結婚して一緒に暮らしだしたとたん俺様な人間に!」「子どもが好きで面倒を見ると聞いていたのに、自ら率先して行動しない」といった意見のように、パートナーとの関係が結婚前と変化したという人が複数いました。

また、「ありすぎて何を書いたらいいかわからない。相手も同じようにギャップを感じていると思う。お互いの存在を当たり前に感じ過ぎて甘えているんだと感じる」という意見も。

理想と現実のギャップを埋めるためには、互いに思いやりを持って理解し合う努力が必要となってくるのかもしれません。

求められる周囲の理解とサポート

仕事へのやりがいや自己実現、または経済的な理由により、結婚・出産後も働きたいと考える女性が多くいらっしゃることが今回のアンケート結果から伺えます。その一方で、マタハラ問題や、パートナーとの関係性に悩む声も少なくなく、理想と現実のギャップに戸惑う女性の姿が見えてきました。

女性の仕事と結婚と出産・子育ては、今では国会でも大きく取り上げられている社会問題のひとつです。世の中も女性の働く力を認め、期待をしてくれていることの現れと言ってもいいかもしれません。

今後、結婚や子育てが働く女性にとって弊害にならないように、職場や家族からのサポートはもちろん、社会全体が変化していくように期待していきたいですね。

閉じる

オススメ記事

ジェイエステがはじめての方にオススメ

トータルエステサロンのジェイエステティックならでは! 「脱毛」「フェイシャルエステ」「痩身・ボディエステ」さまざまな角度から、あなたの「なりたいキレイ」を応援するお得な体験コースをご紹介いたします♪

新規ご予約・お問い合わせ

会員様のご予約はお通いの店舗にご連絡下さい

ジェイエステティック コールセンター 0120-169-119 受付時間:平日・土曜/10:00~19:00 日曜・祝日/18:00(新規予約・Jカード申込のみ受付)

ジェイエステティック コールセンター 0120-169-119 受付時間:平日・土曜/10:00~19:00 日曜・祝日/18:00(新規予約・Jカード申込のみ受付)

フォームでの新規ご予約はこちら お急ぎの方はコールセンターをご利用ください

未成年者契約承諾書はこちら >

ジェイエステティックでは、未成年のお客様がカウンセリング及びエステティックサービスを希望される場合、事前に親権者様のご承諾が必要となります。ご来店当日は親権者様にご署名及び捺印いただいた本承諾書をご持参ください。
(中・高校生のお客様は、親権者様のご同席もお願いしております。)

pagetop