脱毛・トータルエステのジェイエステティック

menu

  1. アーユルヴェーダがルーツ! 白湯の魅力に迫る

アーユルヴェーダがルーツ! 白湯の魅力に迫る

脱毛・ダイエット・スキンケア・メイクなどの美容法・健康法をお届け

その他

2015-06-10

アーユルヴェーダがルーツ! 白湯の魅力に迫る

体に良いと最近見直されている白湯(さゆ)。実は、白湯のルーツは「アーユルヴェーダ」だといわれています。では、実際に白湯にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 今、にわかに注目を集めている白湯について、その魅力や簡単に取り入れられる方法をご紹介します。

続きを見る

白湯は魔法の飲み物!

アーユルヴェーダとは、インドに古くから伝わる医学のこと。このアーユルヴェーダでは、「ドーシャ」と呼ばれる次の3つの要素が私たちの体を支配していると考えられています。

  • 「ヴァータ(空・風)」………運動のエネルギー
  • 「ピッタ(火)」………消化のエネルギー
  • 「カパ(水・地)」………結合のエネルギー

これら3つのバランスによって、私たち一人ひとりの体質が決まるといわれています。

アーユルヴェーダでは、私たちの体内には病気や不調の原因とされる「アーマ」と呼ばれる未消化物が溜まっているとされています。インドでは、白湯が消化を助ける作用を持つことから、アーマをデトックスしてくれる魔法の飲み物と言われているのです。

白湯の作用と女性に嬉しい実感

美容や健康に作用するといわれる白湯ですが「お湯を飲むだけで何が変わるの?」と思う方も多いはず。でも、実は飲むだけで体を内側からポカポカ温めてくれる優れものだったりするのです。

例えば、冷え性の場合。体が冷えた状態は血液の流れも悪くなり、代謝も下がってしまいます。内臓温度が1℃下がるだけで、基礎代謝が12%下がる、という報告もあるそうです。そんな時は温かな白湯を飲んで代謝が上げて、ほっこり体の内側からぬくもりを感じてください。白湯を飲む習慣を取り入れて、意識して体を温めるようにしましょう。

夏のむくみなどの不調をカバー

また、室外との温度差が激しい夏場のエアコンや、冷たい飲み物の摂りすぎで冷えきった体にも白湯はオススメ! 夏場の冷えは、疲れがとれなかったり、体がだるかったりといった不調をもたらします。そんなときこそ、白湯を飲んで冷えすぎた体を温め、必要な水分を補いましょう。体内の循環も活性するので気になる夏場のむくみ解消も期待できますよ!

白湯の作り方

それでは、「ドーシャ」におけるアーユルヴェータの考え方に沿った白湯の作り方をご紹介します。

  1. やかんにキレイな水(“水”カパ)を入れたら、フタと注ぎ口を全開にして強火(“火”ピッタ)にかけます。このとき、換気扇を回して外気(“風”ヴァータ)を取り入れるのがポイント。
  2. 大きな泡がブクブクするくらい沸騰したら、やかんのフタを取って湯気を逃がします。
  3. 少し火を弱めたら、10分から15分そのまま沸かし続けます。
  4. 時間になったら、やかんを火からおろして自然に冷まします。50℃程度まで冷めたら飲みごろです!

簡単アレンジ法&飲むタイミング

美容にも体にもうれしい白湯。とはいえ、普段飲んでいる飲み物をいきなり白湯に代えると、味がしなくて飲みにくいと思う人も多いはず。そこで、白湯を取り入れやすくする方法や、飲むべきタイミングをチェックしましょう。

生姜でカラダの中からポカポカ

白湯に生姜を加えると、風味がつき飲みやすくなります。飲む前にすりおろした新鮮な生姜がベストですが、チューブに入った生姜でもOK。適量入れて白湯を飲めば、生姜の力でさらに体もポカポカになるので、冷え性の人に特にオススメです。

ハチミツ&シナモンでのどに癒しを

ハチミツとシナモンを加えれば、たちまちほんのり甘いドリンクに。ハチミツはのどにもよいといわれているので、風邪の時やカラオケで歌いすぎた次の日にもいいですね。

パウダー寒天で満腹感

粉末状の寒天を白湯に溶かして飲みます。味はほとんど変わらないのに満腹感が得られるので、ダイエットの時などは食欲が抑えられるかも。同時に食物繊維が摂れるのも、うれしいポイントですね。

白湯を飲むタイミング

1日の摂取目安は、500mlのペットボトル2本弱程度です。まずは目覚めの1杯のコーヒーを、白湯に代えてみましょう。起きたばかりの体は、とても水分を欲しがっている状態。体温よりも温かい白湯を飲むことで、体をゆっくりと目覚めさせてくれます。

食事中のドリンクとしてもおすすめします。

たかがお湯、とあなどってはいけません。白湯には体にとってうれしいメリットがいっぱいです!身体を軽くしてくれる白湯を毎日の生活に気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか?

閉じる

オススメ記事

ジェイエステがはじめての方にオススメ

トータルエステサロンのジェイエステティックならでは! 「脱毛」「フェイシャルエステ」「痩身・ボディエステ」さまざまな角度から、あなたの「なりたいキレイ」を応援するお得な体験コースをご紹介いたします♪

新規ご予約・お問い合わせ

会員様のご予約はお通いの店舗にご連絡下さい

ジェイエステティック コールセンター 0120-169-119 受付時間:平日・土曜/10:00~19:00 日曜・祝日/18:00(新規予約・Jカード申込のみ受付)

ジェイエステティック コールセンター 0120-169-119 受付時間:平日・土曜/10:00~19:00 日曜・祝日/18:00(新規予約・Jカード申込のみ受付)

フォームでの新規ご予約はこちら お急ぎの方はコールセンターをご利用ください

未成年者契約承諾書はこちら >

ジェイエステティックでは、未成年のお客様がカウンセリング及びエステティックサービスを希望される場合、事前に親権者様のご承諾が必要となります。ご来店当日は親権者様にご署名及び捺印いただいた本承諾書をご持参ください。
(中・高校生のお客様は、親権者様のご同席もお願いしております。)

pagetop