脱毛・トータルエステのジェイエステティック

menu

  1. モテる女性の勝負メイク!決め手は"ナチュラルなツヤ"にあった

モテる女性の勝負メイク!決め手は"ナチュラルなツヤ"にあった

脱毛・ダイエット・スキンケア・メイクなどの美容法・健康法をお届け

メイク

2017-10-12

モテる女性の勝負メイクは「ナチュラルメイク」

今、男性に人気のメイクはツヤ感のある"ナチュラルメイク”。可愛く魅せようと思ってアイメイクやリップなどを強調した、厚塗りの濃いメイクはかえって逆効果です。
男性にとって「メイクなどしなくても可愛くみえる女性」が好印象なんだとか。でも、女性にとって男性の前ですっぴんや薄化粧ってかなり勇気のいることですよね。
ここで紹介する「ナチュラルメイク」とは、しっかりと肌を作りこむけれど見た目はごく自然なメイクのことです。

続きを見る

ナチュラルメイクとすっぴんメイクの違いとは

「ナチュラルメイク」というと、素顔にほぼ近い薄化粧のことと思われる方がいらっしゃるかも知れません。
ファンデーションを軽くはたいただけのような素顔に近い薄化粧は、言い換えれば「すっぴんメイク」で、「ナチュラルメイク」とは違います。
しみやくすみ、くまなどの肌トラブルはしっかり隠して、素肌感のあるツヤ肌を目指すナチュラルメイクのポイントをおさえて、透明感のあるモテ肌を演出しましょう。

大切なのは「素肌感」

時代によって、流行のメイクは変わります。そして、今の流行はなんといっても「素肌感」。唇や目もとなど、ポイントメイクを強調するのではなく、ごく自然なツヤ感のある肌色を目指すベースメイクのテクニックこそ、モテメイクを生み出します。

「素肌感」のあるナチュラルメイクのベースづくりとは

「素肌感」のあるナチュラルメイクのベースづくりは、いわゆる薄化粧の「すっぴんメイク」とは違います。気になる肌トラブルはしっかりカバーし、全体的にナチュラルに見えるベースメイクで「シルクのような肌」を目指して仕上げていきます。コンシーラーとファンデーションを重ねてしまうと、どうしても厚塗り感がでてしまいます。そのため、肌のくすみや、ちょっとしたシミにはコントロールカラーを使って目の錯覚をうまく利用するのもナチュラルメイクがモテメイクといわれるポイントなのです。

自分の肌の状態に合わせて「どのようなファンデーションが必要なのか」「ファンデーションを塗る範囲はどこなのか」「どんなベースメイクアイテムをポイントで組み合わせるか」を見極めて、「素肌感」のあるナチュラルメイクのベースをつくっていきましょう!

ナチュラルなツヤ肌をつくる方法

ここでいう、ナチュラルメイクでつくるツヤ肌とは、内側からにじみ出るような、健康的なみずみずしさのことを指します。

肌トラブルをカバーするために何層にもファンデーションを重ねると、「超マット肌」に仕上がってしまい、より「ツヤ肌」とはかけ離れてしまいます。ツヤ肌をつくるナチュラルメイクでも、肌トラブルが気になる部分をしっかりカバーできるナチュラルメイクの方法をコスメ用品別にご紹介します。

コンシーラーとコントロールカラーを上手に使い分ける

少量のファンデーションでナチュラルな仕上がりを目指すなら、コンシーラーやコントローラーを使って肌色を調整してみましょう。
ニキビ跡やシミを隠すコンシーラーは、リキッド、クリーム、スティック、ペンシルなどさまざまなタイプがあり、特にシミを隠したいときは肌より少し暗めの色を選ぶのがポイントです。
カバー力が優れているのは、スティックコンシーラーなど少し固めのテクスチャー、目元など動きがあるパーツはヨレやすいので伸びがいいリキッドタイプがおすすめです。
パウダーファンデーションを使うときはファンデーションの前に、リキッドファンデーションを使うときはファンデーションの後にコンシーラーを使いましょう。
ピンポイントのコンシーラーに対し、広範囲の肌を自然にカバーしてくれるのはコントロールカラー。茶くすみや目元のくまのカバーにはオレンジ系、黄くすみにはブルー、ニキビ跡にはグリーンのカラーが最適です。
「血色が悪くて肌がちょっと暗いかな?」というときには、少しパールが入ったピンク系のコントロールカラーを使ってみてください。くすんだ部分や頬骨などの高い位置に薄くのせ、手やスポンジで軽くたたくようになじませていきます。

ファンデーションは顔の中心から外側に伸ばす

ファンデーションで素肌感を演出するには、パウダータイプのものよりもリキッドタイプがよいでしょう。リキッドファンデーションは、スポンジでたたき込むほど自然なツヤが出てきます。

  1. 顔の中心をメインにリキッドファンデーションをのせる(フェイスラインは手に余ったものを伸ばす程度。自然にぼかしていくくらいのつもりでOK)
  2. 頬・額などの広い部分から小鼻・口周りなど細かい部分の順で、少量ずつのせながらスポンジでたたき伸ばす
  3. 崩れやすいTゾーンは、少量のファンデーションをよくたたき込んでメイク崩れを予防する

フェイスパウダーはシアーなものを

最後に、シアータイプのフェイスパウダーを、大きなフェイスブラシでふんわりとのせるだけ。フェイスパウダーをつけすぎると、こちらもツヤがなくなりマット肌になってしまうので、つける分量には十分注意しましょう。

このように、ちょっとしたテクニックで、普段使っているメイク道具でも、ツヤのある「素肌感」あふれるメイクに仕上げることができます。
コンシーラー、コントロールカラーを上手に使えばファンデーションが薄つきですむので、メイクくずれがしにくくなるのもうれしいですね。ナチュラルメイクで美しく自然なツヤ感のあるモテ肌をつくってみてはいかがでしょうか。

閉じる

オススメ記事

フェイシャルエステがはじめての方にオススメ

ジェイエステで人気のフェイシャルコースから、はじめてのお客さまにおすすめのエステをお手頃プライスでご用意しました。充実のフェイシャルエステ体験コース、お肌の悩みや理想に合わせてやってみたいプランをチョイスしてください♪

新規ご予約・お問い合わせ

会員様のご予約はお通いの店舗にご連絡下さい

ジェイエステティック コールセンター 0120-169-119 受付時間:平日・土曜/10:00~19:00 日曜・祝日/18:00(新規予約・Jカード申込のみ受付)

ジェイエステティック コールセンター 0120-169-119 受付時間:平日・土曜/10:00~19:00 日曜・祝日/18:00(新規予約・Jカード申込のみ受付)

フォームでの新規ご予約はこちら お急ぎの方はコールセンターをご利用ください

未成年者契約承諾書はこちら >

ジェイエステティックでは、未成年のお客様がカウンセリング及びエステティックサービスを希望される場合、事前に親権者様のご承諾が必要となります。ご来店当日は親権者様にご署名及び捺印いただいた本承諾書をご持参ください。
(中・高校生のお客様は、親権者様のご同席もお願いしております。)

pagetop