脱毛・トータルエステのジェイエステティック

menu

  1. 厚化粧はイヤ!気になるシミの隠し方

厚化粧はイヤ!気になるシミの隠し方

脱毛・ダイエット・スキンケア・メイクなどの美容法・健康法をお届け

メイク

2014-11-20

年齢を重ねるごとに気になるシミを隠す方法とは

年齢を重ねるごとに気になるのが、あらゆる部分のシミ。最近では若年層にもシミが増えています。食生活やスキンケアでシミを薄くする努力をしてみても、なかなか消えない! メイクで必死に隠しても、なかなか隠せなくてどうしても厚化粧になってしまう…そもそも、シミにはどんな種類があるのでしょう?

シミの種類

一言でシミと言っても様々な種類があります。代表的なものを挙げていきましょう。

  • 老人性色素斑
    加齢とともに増える紫外線が原因のシミ。別名「日光性黒子」。徐々に色濃くなっていきます。
  • 炎症性色素沈着
    傷やニキビ跡でダメージを受けた肌におきる色素沈着。過剰な洗顔などによる肌への刺激で引き起こすケースもあります。ターンオーバーの乱れも原因のひとつです。
  • 肝斑
    30~40代女性によく見られる、ぼんやりとした灰色や茶色の女性ホルモンの乱れが原因のシミ。
  • 雀卵斑(ソバカス)
    5mm以下の小さなシミ。10代の思春期に多く、遺伝的な要因で出来ると言われています。

それでは、これらのシミをメイクで隠す方法を、ご紹介いたします。

続きを見る

ベースメイクでシミに勝つ

食生活やスキンケアでなかなか消えないシミだからこそ、メイクでシミをいかに隠すかが課題になります。大切なのはなんといっても「ベースメイク」です。ファンデーションだけで隠そうとしても、どんどん重ねてしまって、結果厚化粧になるわりにはシミが隠れていない……という悲しい結果に。何を使えばシミを目立たなくすることができるのでしょうか。

コンシーラーをうまく使って、早速シミをカバーしてみよう

コンシーラーの使い方1つでシミが劇的にカバーできるのです。基本的な手順をご紹介しましょう。

  1. 気になるシミ部分にコンシーラーをのせます
  2. シミが薄くなる外側にかけて、少しずつぼかしてシミのない部分になじむようにコンシーラーを叩きのばしていきます。このとき、シミが濃く1番カバーしたい部分には触れず、シミの淵あたりから外側をのばしていくことがポイントです

テクスチャーの違いでカバー力が変わる

あれ? 頑張ってシミをカバーしているけれど、なかなかカバーできない……という方。コンシーラーと一言でいっても、様々な種類があるのは皆さんもご存知かと思います。あなたのシミの濃さや範囲に合わせて、テクスチャーを変えてみるのも良いでしょう。以下のように大きく分けて4種類あるコンシーラーですが、形状によってカバーできる力が異なってきます。最もカバー力が高いのはクリームタイプのものでしょう。

  • ペンシルタイプ:ソバカスのように細かく、そこまでヘビーではない部分に使用しやすいのといわれています。鉛筆状なので、鋭く削ることで小さなシミを的確にカバーすることが可能でしょう。
  • リキッドタイプ:このタイプのものは、ペンタイプになっていることが多く、ペンのお尻の方をカチカチと回して、液体を少しずつペン先になじませるような形状です。ペンシルよりもカバー力が期待できます。
  • クリームタイプ:圧倒的なカバー力が高さを誇ります。クリームタイプは、複数色が入っているパレットタイプのものがオススメです。シミの色みや濃さも様々。それに合わせて、何色か使い分けることができるのでとても便利です。
  • スティックタイプ:スティックタイプのものは、クリームタイプのものをより固形にしたもので繰り出し式のものが多いです。ペンシルやリキッドに比べて、クリームタイプやスティックタイプのものは油分も多く含まれているので、お肌にしっかりフィットし、気になる部分を目立たなくする効果が期待できるのです。

ツール選び

的確にカバーするために、使うと便利なものが「メイクブラシ」です。コンシーラーを使うときにオススメするメイクブラシはナイロン製で、小回りの効く細身のブラシです。コンシーラー専用のブラシも販売されていますが、特に専用のものでなくても代用できます。例えばリップブラシもナイロン性なので、リップ用とは別にもう1本、リップブラシを用意されても良いでしょう。ブラシを使えば、指でつけるには大きすぎる小さなシミにもダイレクトにのせることが可能です。

このように、シミを隠すには自分のシミに合ったコンシーラーを適切な方法で使うことが大切なポイントになってきます。

閉じる

オススメ記事

フェイシャルエステがはじめての方にオススメ

ジェイエステで人気のフェイシャルコースから、はじめてのお客さまにおすすめのエステをお手頃プライスでご用意しました。充実のフェイシャルエステ体験コース、お肌の悩みや理想に合わせてやってみたいプランをチョイスしてください♪

新規ご予約・お問い合わせ

会員様のご予約はお通いの店舗にご連絡下さい

ジェイエステティック コールセンター 0120-169-119 受付時間:平日・土曜/10:00~19:00 日曜・祝日/18:00(新規予約・Jカード申込のみ受付)

ジェイエステティック コールセンター 0120-169-119 受付時間:平日・土曜/10:00~19:00 日曜・祝日/18:00(新規予約・Jカード申込のみ受付)

フォームでの新規ご予約はこちら お急ぎの方はコールセンターをご利用ください

未成年者契約承諾書はこちら >

ジェイエステティックでは、未成年のお客様がカウンセリング及びエステティックサービスを希望される場合、事前に親権者様のご承諾が必要となります。ご来店当日は親権者様にご署名及び捺印いただいた本承諾書をご持参ください。
(中・高校生のお客様は、親権者様のご同席もお願いしております。)

pagetop